TOKAKUKA

昨日”オモクリ監督”やってましたね

http://youtu.be/j24B2lC2Yz8
もしくは
http://youtu.be/C4P1WyV9sSc

その施設を”都”がやってるのか”区”がやってるのかとにかく気になるって言う内容...

最近選択肢って大事だなって痛感します

例えば、スパーして新技はすぐコロッとかかってしまうけど2回目からはなかなか通用しないって経験はみんなあると思います、技の精度とか入り方の問題ももちろんあると思いますが、2~3個こっちが技の選択肢を持っていれば、2回目以降も自然とフェイントになるんじゃないの?って思います。

要は都か区かとにかく気にしてもらうこと。

ガードポジションからだったらパスするのかパスするふりして足関節狙うのかもしくはプレッシャーかけて袖車狙うのか、やっぱりどの状況でも3つくらい選択肢を持ってる人は強いと思います

そういえばこの間、大賀先生の著書”寝技の学校”見ましたが、あらゆるシュチエーションでたしか3つ以上の選択肢が用意されてました、普通の技術本ってその技についての解説が主ですけど、大賀先生の本はまんま頭の中を本にしたようであんな小柄でも強いっていうのはやっぱりその場面場面での選択肢が既に準備してあって、じゃんけんで言うと相手がグーなら迷わずパーを出す事が出来るそんなことの様な気がします。
ちなみに僕は相手がグー出しても考えた挙句チョキ出してしまうまだまだそんな闘い方なので実際スパーしながらでも、人のスパー見ながらでも、よくよく考えて場面場面に適した対処方法を身に着けようと思います。

三角か腕ひしぎかとにかく気になる40歳。

TOKAKUKA” への4件のコメント

  1. >とみさん
    ほんとにその通りです
    せっかくいいポジションとっても固まること良くあります...
    しっかり道順考えておく事大事ですね。

  2. 都か区か のくだりは
    “選択肢”に関係無さそうな^^;(笑)
    ただツボだったんですね。^ ^
    わかります。

    色々とたくさん技を教えてもらうと&覚える?と、逆に迷子になっちゃいますよね。

    終点に着きたいだけなのに

    バスで行けるよとか
    列車に乗って歩いてとか
    自動車で、タクシーで
    いやいや歩いてでも行けるっしょ
    ヘリコプターで上空からスカイダイビングするかロープで降りるか
    と色々方法を教えてもらって(知って)も大変ですもんね´д` ;

    とりあえず、自転車でいつものコースを通って、切符または定期券またはスイカで、列車に乗って、目的地周辺で降りて、歩いて到着。

    と自分が”行きやすい”手順と”道順”を覚えて”慣れる”ことですよね。

    道中”トラブル”があれば、別の方法や道を知らなければ目的地には着けない訳ですし。

    列車が不通運休になれば、バスやタクシーを選択して向かうとかですね。

    あと、先手読みもありますし、
    他にはトラップ、罠を仕掛けて、その道へ誘い込む
    とかもありますね。
    まあそれも先読みかぁ^^;

    兎にも角にも、
    自分が自信を持てる道順を少しずつ増やして、道中のトラブルにも対処できる方法をある程度知っておくことですね。

    当たり前の(難しい)理想の話を
    いっちょまえに偉そうに上から語ってみました(-_-)
    すんません

  3. >カジさん
    モザイクのもすごく良かったですよね~
    アレは何なんだ?!っていう

    やっぱり強い人って構えとかで何となく分かりますよね
    知らない方が幸せって事もありますけど
    もう多少なりとも知ってしまったので、何とか先手先手で動きたいもんですね

    特に柔術はギを掴まれるので考えれば考えるほど難しいです。

  4. いやぁ、秋山のキャラ最高ですね!
    脇腹痛いっす(^^)
    千原ジュニアのモザイクも良かったですよね!

    剣道で「先々の先(せんせんのせん)」ってあるんですけど、相手の動く先の先の先をみて打つってのが一番だって言うんですね!
    まぁ、出来ないですよ普通!

    でも、強い先生方とやる時に構えただけで「ヤバい、動けない」って時あるんですよ!
    完全にミラレテルって感じです!
    受けじゃなく攻めなんですよね!

    うーん、まだまだ。
    格闘技始めた頃より遥かに難しくなりました(´Д` )
    だから面白いんですけどね!

    そして、都か区か気になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>